多方向からの情報

今の人たちはテレビのいうことを何でも信じるということではなくて多方向から様々な情報を取得してその中で真実を導き出そうとしている人が増えてきているのです。

ネットが真実味を帯びる

これからのメディア業界の変化について紹介していきたいと思います。今まではテレビでの話がおおもとの情報の発信源だったと思います。ほかには雑誌などの情報もありましたがやはりテレビがメインだったと思います。

まさにテレビ業界はかなり天下を誇っていたと思いますが、今は深刻なテレビ離れが叫ばれておりますよね。その大半が昔と違って今のテレビは全然楽しくないと言った感じです。たとえばお笑いなどのエンターテイメントのものに多いのですが、芸能人同士の暴露大会などをしても視聴者には伏字であてがわれており全然視聴者側は誰なのか結局わからないですよね。

暴露といっても結局は何も分からない状態でその場にいた人だけが盛り上がっているような番組ではつまらないですよね。

またニュースに関しては適当なことを言っている人がかなり増えております。たとえば韓国の話などにしても全然間違った情報を発信しています。

ほかにはちょっと変なことやミスをしてしまったら寄ってたかってネタがないからといって大々的にとりあげて小さなミスが大きなミスをしたみたいにとりあげたりしています。

それで面白半分でやめさせたり辞任させたりしているのにももううんざりですよね。そうなればどんどんテレビ離れをしていっております。

今は与えられた情報をいかに取得するかではなくて自分から正しい情報を取得できるかがポイントとなっております。情報がどんどん増えていっている今誤った情報を流している人もかなり多いので気をつけなければいけません。

特に今メディア側は適当なことを載せているところが非常に多いです。

今は若者を中心にどんどん離れていっているのは間違いありません。これから先は動画などのオリジナルコンテンツだったり正しい情報をいかに取得できるのかがカギとなります。

ページのトップへ戻る